HOME OEMについて 製品情報 会社案内 ニュースリリース お問い合わせ
会社案内
 

 

生産部 : 生産工場

■ 西工場のご紹介

 西工場では液剤を製造しています。 生産能力:800本/分ライン 1日(稼動10時間)の生産数量は480,000本。後殺菌装置(パストライザー)を導入により、医薬品だけでなく清涼飲料水をはじめあらゆる分野にも幅広く対応が可能となりました。
また、シュリンクラベルも製造可能です。シュリンクラベルは紙ラベル商品との差別化が図れることはもとより、ビン全体を包みこむことでデザイン面積が広く、バリエーションが多くなり、デザインアレンジが広がります。 また、ゴミ分別が容易で、環境にやさしい製品となります。

配合室〜密閉式タンク上部/下部

調整室〜密閉式タンク上部/下部

 受け入れ試験を終えた原料は製品の配合に合わせて正確に計量され、調製室で密閉式タンクに投入されて均一になるように撹拌(かくはん)・溶解されます。
 ここでは葛城山系より流れる良質の地下水を活用して飲料用水を作り、イオン交換後に精製水として使用しています。

充填機

 洗浄を終えて入念な検査で安全が確認された瓶に液剤が充填されます。 充填はクリーンルームの中で非接触方式で行われます。 これは瓶の破損を防ぐとともに、衛生面にも配慮してのことです。
 この充填機は1分間に約800本の液剤を充填する能力があり、国内でもトップクラスの能力を誇ります。

パストライザー

パストライザー

 液剤の中には、ホット充填できないものや防腐剤を添加しないものがあります。 これらの液剤は充填後、このパストライザーで殺菌します。
 ここでは加熱・殺菌のムラをなくすために、散水方式を採用しています。

実瓶検査機

実瓶検査機

 液中に異物が含まれていないかを検査するため、半透明異物検査・不透明異物検査・キャップ側面検査・異種キャップ検査等が画像処理で行われます。
 検査は容器を回転させて行います。 これは異物が混入している場合、容器を回転させることで異物が中心に集められるため、確実な検査が可能となるからです。

包装仕上げ

包装仕上げ

 実瓶検査に合格したものだけが箱詰めされて、製品のできあがりです。
 箱詰めされた製品は、アーム型ロボットパレタイザーにより、自動的に自動倉庫内に搬入されます 。

POPシール

POPシール

 ラベルの上部にPOPシールを貼ります。 POPシールをラベルの正面に貼ることで、キャッチコピーやイラストでインパクトを与え、よりお客様の目に触れることができます。キャンペーン時にも効果的です。

製造フロアの一部

製造フロアの一部

 このように最新の設備を駆使することで、より多くの製品を製造することができ、製品の品質を高い次元で均一に保つことができます。



Copyright (C) 2006 TAMURA PHARMACEUTICAL CO., LTD All Rights Reserved.