HOME ODMについて 製品情報 会社案内 ニュースリリース お問い合わせ
ODMについて
お問い合わせはお気軽に
ODMについて
 
 田村薬品工業では、生産する全ての製品について製造基準の区別をしません。全て医薬品製造基準を適用します。これは、間違いの無い製品をお届けする事で、お客様に安心して御利用頂きたいからです。
田村薬品工業には、創業70年以上にわたり医薬品を提供して来た医薬品メーカーとしての「田村のこだわり」があります。

 私たち田村薬品工業は、これまで多くのお客様と一緒に製品の開発・製造に携わり、多種多彩な製品を世に送り出してきました。そのフィールドは、ドリンク剤に留まらず、顆粒剤、錠剤、カプセル剤にまで広がり、形態に関係なく多彩な製品に対応できるようになっています。
また、自社ブランド製品の開発製造をバックボーンに、あらゆるニーズに対応できるGMP工場として、お客様から高い評価を頂いています。


ODM(受託生産)対応の主な特長


ODM(受託生産)対応の主な特長

1分間に約800本という国内有数の製造能力を誇り、全工場でドリンク剤が日産60万本という製造体制を確立しました。これにより、高い次元の品質を保ち、多彩な仕様(20mL・30mL・50mL・100mLなど)への対応、より迅速な製品提供が可能になっています。

ODM(受託生産)対応の主な特長

 シュリンクパック包装機により、お客様ニーズに合った包装形態が可能となります。
50mL及び100mLの瓶、それぞれ3〜5本を1まとめにパックします。また、位置合わせ機能によりラベルを一定の向きにそろえることが出来ます。

ODM(受託生産)対応の主な特長

 表側の薬の入るポケット部分は、シートを成形ドラムで加熱吸引して成形加工し、ポケットを作り、その中に自動的に錠剤・カプセル剤及びトローチ剤等を充填します。
同時に裏側のアルミホイルを加熱圧着し、製造番号を刻印後に裁断され、機械から排出されます。

製品紹介へ

Copyright (C) 2006 TAMURA PHARMACEUTICAL CO., LTD All Rights Reserved.